レイニーブルーのウェブページのトップを飾る絵を描いていただいているのはプロの画家、
戸田勝久さんです。



仕事を通じて知り合った戸田さんでしたが、会うと実は見事な玄人好みの
ピッキングをされるギタープレイヤー。そして大変なアコースティックギター
愛好家でもありました。特にマーチンへの造詣は極めて深く、その博識ぶり
には驚くばかりです。私よりは少しだけ若いのですがほとんど同世代、彼の
学生時代のバンド仲間はプロとしてデビューされたそうです。

以前たまたま古いレイニーのLPを進呈させていただいたところたいそう喜んで
いただき、バンドぐるみの付き合いが始まりました。97年に自主制作した
ファーストCD『FOLK SONGS』のジャケットは戸田さんの手になります。

 


他に中川イサトさんのをはじめ多くのCDジャケットでも戸田さんの作品を見る
ことができます。素晴らしい絵のお陰でレイニーの演奏も本来の実力以上に
イメージアップすることになりました。また絵だけでなく、自ら撮影された須磨の
海岸での遠い島影や砂浜などもジャケットで効果的に使われています。

さらにデザインばかりでなく演奏にも参加、『アンリエットの村へ』のギターの
間奏は我々の予想を遥かに上回る素晴らしい出来。もちろん使われている
ギターはマーチンのヴィンテージもの。70歳くらいにはなろうかという
おばあちゃんギターです。この入魂の間奏テイク、これは本当に一聴の価値
があります。



可愛い二人のお嬢さんたちも大の音楽好き、今年の夏のラヴアップルでは
またまた父娘でのギターデュオが実現するのでしょうか。
レイニーブルー6番目のメンバー、戸田勝久さんです。

 

以下は『音の島』の絵に添えられた戸田さんのエッセイ、あまりにも
カッコ良過ぎますが、レイニーブルーへの最高の賛辞です。


copyright Katsuhisa Toda

  

♪ To be continued.    2003.4.23 記

戸田勝久 画伯

アンリエットの村へ

この絵から歌が
生まれました
空の青
雲の白
屋根の赤
トリコロールで
フランスの片田舎を
イメージしました
     (あいらんど)

音の島

この絵からも
ギターインストが
生まれました

島では5本の木が
風を受け
かもめが5羽
空を舞っています

ギターの音色の
美しさを改めて
教えられました
音の大きさではなく・・・

マーチン00-40と
戸田画伯
レイニーブルーと
スタジオYOUにて
♪アンリエットの村へ 間奏♪ 画像クリック
copyright Katsuhisa Toda
雨粒のひとりごと