□ 掲示板に情報提供がありましたので、追加いたします。
 ・ ラブアップル4th 
   出演バンド れっど・ぱじゃま(田淵 真澄・池田 一生・玉城 久敬)
 ・ ラブアップル5th
   出演バンド 岩宮フィルハーモニー(岩宮 伸幸・藤井 和彦・松浦 利昭)

□ 1978年は、ラブアップル、レイニーがらみのコンサートがほんとにたくさん
   開催されました。またレイニーはソニータワーで行われたコンテストにも出て、
   審査員特別賞を受賞しています。みんな仕事はどうしていたのでしょうか。
 
□ この年あたりから私は、沢井良公・山下昇とともにFlower Twenty-eight’sという
  バンドで活動を始めます。必然的にラブアップルもこのバンドを中心に動いて
  行きました。レイニーのコンサートにもゲストの形で出演しています。

  山下昇は今宮高校ではなく住吉高校の卒業生ですが、友達の友達は
  また友達の乗りでバンドを組みました。休みの前日など練習と麻雀で朝まで
  遊んでおりました。
  当時、大相撲で北の湖など昭和28年生まれの活躍がめざましく「花の28年」と
  呼ばれたことに因んでバンド名をつけました。
  オリジナル中心で、「思い出の万代池」「俺らのロマン」「きんもくせい」などの
  山下の作品や沢井俊男の「思い出つづり」後にレイニーのCD「Folk Songs」に
  入っている私の「長居公園ひとまわり」などをレパートリーにしていました。

  山下は大阪の帝塚山にある万代池のあたりで生まれ育ち「思い出の万代池」を
  作りました。彼はこの歌をこの池のほとりで歌うことを夢見ていましたが、
  このバンドでは叶いませんでした。しかし、20年以上の時を経過し、数年前
  「帝塚山音楽祭」のアコースティックステージでレイニーブルーのバッキングで
  万代池を眺めながら山下は「思いでの万代池」を歌うことができましたとさ。
  私はこの年の後半から、Flower Twenty-eight’sとレイニーの掛持ちという恐ろしい
  状態に突入します。ほんとに仕事はどうしていたのでしょう。

 ◆ この年の10月から翌79年の3月にかけてレイニーブルー初のLPレコード
    (懐かしい響きです)「RAINY BLUE」の制作にも取り組んでいます。
    ほんとにホントに仕事はどうしていたのでしょうか。
    メンバーは、小島常男・竹村譲・中山素子・根来増典・野田拓の5人で、
    今のレイニーの楽曲構成の基本形が、この時できたのではないかと思っています。
 ・ 収録曲
    空の青さを今日も求めて・夏・彼・いなか道・あなたは知らない・弱い心
    アンデスの風になり・心はゆれても・UDEMAKURA・迷い子・あいるらんど・星の子守唄
 ・  曲名は当時の歌詞カードのまま書きましたが「迷い子」には  どういう訳か、
   送り仮名がついています。
 ・ 後述のコンサートのパンフレットでは「アイルランド」となっている「あいるらんど」は、
   この時からひらがなになったのかも知れません。
 ・ 「UDEMAKURA」は私の曲ですが、せめて視覚的に目立とうと、ローマ字表記という
   姑息な手段にうったえました。
 ・ このレコードの製作過程で、野田がレイニーブルーに参加しました。
 ・ 根来氏の雨粒にも制作の経緯が掲載されています。ご参照ください。
 ・ ganのレコードには、中山素子のサインがありませんが、私のものにはメンバー全員の
  サインがあります。まいったか。

1978年
 ◆‘78 レイニーブルー 街角音楽会
  2月25日(土)   国際楽器社 4階サロン
 ・ レイニーブルーの単独コンサート。ラブアップルとは無関係。何と17曲もやってます。
  ・ 最近この時のパンフレットが、各方面から発掘されています。
  ・ 演奏曲
     空の青さを今日も求めて・いなか道・ただひとつ雨だけは・からっ風の夜に
     Foggy Mountain Break Down・ Tune For Jun・恋の日記・アイルランド
     するめ・あなたは知らない・迷子・夏・弱い心・おんぼろ車の君と僕・彼・自転車・
     星の子守唄
  ・ メンバー
     小島 常男・竹村 譲・中山 素子・根来 増典(野田はまだ参加していません)
  ・ 「ただひとつ雨だけは」は新CDでよみがえりましたが、「からっ風の夜に」は
    埋もれたままです。
  ・ ‘82にこのコンサートのパクリコンサートが開催されたことが、駄菓子の雨粒、
    ganの告白で明らかになりましたが、香ちゃんも私も忘れていました。

 ◇ ラブアップル 心斎橋支店 支店長 愛 林檎
  3月14日(火)    国際楽器社 4階サロン  入場料100円
  ・ 詳細不明。チケット制作費を安く上げるため「名刺」の書式でチケットを作ったので
    こんなコンサートのネーミングになりました。
  ・ 出演バンドはFlower Twenty-eight’s以外わかりません。
 
 ◇ ラブアップル 真夏のがまん大会
  8月12日(土)    国際楽器社 4階サロン  入場料300円
  ・ 詳細不明。出演バンドはFlower Twenty-eight’s以外わかりません。
  ・ ラブアップルを年に2度も開催する気合があった時代す。

 ◆ Guitar Battle Royal Live at Kokusai Gakki
   日時不明        国際楽器社 4階サロン
  ・ 出演バンド
    Potato Chips (鮎川ひろみ・中村さなえ・山中いくえ)
    ルオモ (後藤まさし・佐久間ただし)
    Flower Twenty-eight’s(沢井よしあきら・野田たく・松下きよし・山下のぼる)
    Fancy Free (入交けんいち・久保岡かずのり・滝しんいちろう・竹村ゆづる・林まさき)
    Rainy Blue (小島つねお・竹村ゆづる・中山もとこ・根来ますのり・野田たく)
  ・ この時代のレイニーのエレキベーシスト竹村 譲氏がプロデュースしたと思われます。
  ・ 初LPの「心はゆれても」のドラムはFancy Freeの入交さんが演奏しました。  

 ◆ ‘78タウンフーテナニー
   9月6日(水)     帝人ホール
  ・ 出演バンド
    フリップサイド(下町 香織・三木美奈子・江戸 真美・志田るり・浜田純子・横田まなみ)
    ディア フレンド(成田 裕子・森 恵子・実宝いく代)・山下みどり
    高見仁志とヒット&ラン(庄司 茂・佐生 武彦・渡辺 桂治)
    AS(西川 訓子・野口 優子・江坂 規子・一ノ名かおる・浅野 敏子)
    シェット(戸谷 秀道・米谷 隆徳・米谷 和弘)
    ベルエポック(加藤 敏祐・吉田 啓示・小林 裕二・河合やすこ)
    レイニーブルー(小島 常男・根来 増典・竹村 譲・野田拓)
  ・ ラブアップルの本拠地である国際楽器社主催のコンサートで、何回か開催されました。
  ・ パンフレットによると「看板娘モトコチャンが一身上のうれしい都合により、
    今回タウンフーテナニーはお休みです。」となっています。

※ 今頃、おことわりするのもなんですが、基本的に文中は敬称を略させていただい
ています。またその時の気分で「氏」とか「さん」をつけたりしています。

コンサートの軌跡、追補版です

極めて個人的な回顧ですが・・・

7